MONOGRAPH ARTS INC.

Studio

名称 MONOGRAPH ARTS INC.
株式会社モノグラフアーツ
設立 2010年(平成22年)12月
資本金 6,000,000円
所在地 〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-3-9 大内ビル304
URL https://www.mn-arts.com/
E-mail contact@mn-arts.com
業務内容 プロダクトデザイン / コンセプトデザイン
3Dモデリング / レンダリング / アニメーション
ロゴ・CIデザイン / グラフィックデザイン
WEBデザイン / 実装・開発

Team

黒田 克史

代表取締役

デザイナー埼玉県越谷市生まれ。農業を営む家庭で生まれ育ち、幼少期は畑や田んぼが遊び場だった。歴史の教科書に出てくるような木製の唐箕(とうみ)や千石通しを使って精米していく作業が、家族の一大イベントだった。幼稚園に通うようになると、放課後に教えにきていたアトリエ教室で絵の具や粘土に触れるようになり夢中になった。小学生になるとプラモデル作りにハマってしまい、ガンダムや戦車などジャンルを問わずに手を動かし続けた結果、小学6年生で燃え尽きる。中高生時代は創作活動をしているような友人もおらず部活(卓球部)に明け暮れる。ろくに勉強していなかったため、センター試験が難しすぎて惨敗。一浪して法政大学工学部システムデザイン学科へ入学することになる。六大学への入学を祖父が喜んでくれたことが嬉しかった。これを機に箱根駅伝が楽しみのひとつに加わる。
在学中には、隈研吾都市設計事務所にて建築パース制作のアルバイトをおこなう。所員さんに混ざって実務をサポートし、実践感覚と技術を身につける。同大学院修了後、株式会社モノグラフアーツを設立しデザイン業務に従事する。現在は非常勤講師/兼任講師としてデザイン教育にも力を入れている。

デザイン教育

2017 近畿大学文芸学部文化デザイン学科にて特別講義ゲストスピーカー
2017 – 東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 非常勤講師 (優秀教育活動賞2020)
2019 – 法政大学デザイン工学部システムデザイン学科 兼任講師


協会/団体

2016 – JARA/日本アーキテクチュラル・レンダラーズ協会 正会員
2021 – JIDA/公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会 正会員

武内 康次

取締役 アートディレクター UI/UXデザイナー

千葉県生まれ。幼い頃から少年野球チームで土埃にまみれていたが、父の古いワープロで遊ぶようになると、文字や記号を組み合わせて絵を書くことに没頭していた。中学生になり自宅にパソコンがやってくると、インターネットの世界に夢中になっていったが、従量制の通信料が高額になり親に怒られることもしばしばあった。自分でもホームページを作り、無料のサーバーを使って好きなゲームの情報やリンク集を公開していた。将来はゲーム関係の仕事やプログラマーになりたいと考えていた。
大学受験のとき、情報処理だけでなくデザインにも興味があったことから、法政大学に新設されたシステムデザイン学科へ入学。グラフィックデザインやWebデザインへの関心が強まり、大学2年のときに目黒のデザイン事務所でアルバイトを始める。アシスタントとしてクライアントワークを経験しながら、当時全盛期であったFlashを独学で学び、中村勇吾氏に憧れてインタラクティブアート作品を作り続けていると、それがクライアントワークに採用されることもあった。
卒業後はアルバイト先に入社し、インタラクティブデザイナーとして実績を増やしていった。ある日の打ち合わせの帰りにヘルムート・シュミット氏の書籍と出会い衝撃を受ける。タイポグラフィーの世界にどっぷりはまり、関連書籍を買い漁った。モリサワ主催のデザインコンペへの参加をきっかけに自作のフォントを制作するようになる。
2010年12月に大学時代の同期から誘われるかたちでモノグラフアーツを共同設立。アートディレクター、デザイナーとして、グラフィックデザイン、Webデザインのほか、スマートフォンアプリ、家電製品や医療機器のGUIデザインなどを手掛けている。

Web

田島 団

取締役 CGアーティスト モデラー

埼玉県草加市生まれ。幼い頃から絵を描くことが好きで、勉強をする時よりも真剣な顔でよく余白に落書きを描いていた。小中高とサッカーをしていたが、高校1年生の冬にサッカー部を退部。それ以降はゲームをしたり、映画を見る機会が増え、その映像の中に出てくる美麗なCGに心奪われ、将来こんな映像を作る仕事に携わってみたいと考えるようになる。CGを学べる大学を探し受験するも不合格。併願していた同大学の新設のシステムデザイン学科に入学。結果的に同学科にもCGの授業は取り入れられていたため学ぶことができた。
デザインやモノづくりについて学ぶ中、チームで取り組む課題で優勝したことを機に、チームでモノづくりをすることの楽しさや、何かを作り上げた時の感動を改めて知る。将来やりたいことや、就きたい職業が明確に定まらず、就職活動の波にも乗り遅れ、卒業後は、家業のバス会社を手伝うことに。事務や接客、運行管理の業務に従事。しかし、モノづくりに携わりたいという思いが消えず1年間のアルバイト期間を経て、2017年にモノグラフアーツ入社。
定期的にモノづくりをしようと、卒業後から始めたフィギュア製作を入社後も続け、2018年からガレージキットの祭典であるワンダーフェスティバルに毎年出展している。